ロボマインド・プロジェクト システム概要

ロボマインド・プロジェクト システム概要

システムの全体構成と意味理解の方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

それでは、ロボマインド・システムの概要について説明します。
ロボマインド・システムは、人と会話できるチャット・ボットを想定しています。
入力されるのは自然言語(人が話す言葉)となります。

チャット・ボットですので、人型ロボットのようにカメラやロボットハンドはなく、外部世界とつながりは、唯一、自然言語によるやり取りのみとなります。
今までのチャット・ボットは、シナリオ・ベースのシステムです。
別名、人工無脳とも言われます。
話の意味など理解せず、特定の単語を検出すれば、それに応じたシナリオを走らすだけなので、チンプンカンプンな応答となることが多く、会話が続きませんでした。

それに対し、ロボマインド・システムは、人間と同じ心を持ち、相手の言いたいことや文脈を理解することができます。
そのため、自然な会話が続き、心が通ったコミュニケーションがとれます。
コミュニケーションとは、頭の中で思い描いたことを言葉にして相手に伝え、相手は、その言葉を理解して、自分の頭の中で再構築し、相手の言いたいことを理解することです。

たとえば子供がお母さんに、「今日、学校の給食でプリンがでたんだよ!」と言ったとします。
お母さんは、その様子を頭の中で想像し、さらに、その子はプリンが大好きだということも思い出して、かなり嬉しかっただろうなと思って「それはよかったね!」と答えるわけです。
子供は、自分の嬉しさがお母さんに伝わったことが分かって満足します。
これが、意味理解であり、心が通じるということです。

 

 

システムは、大きく「意識」と「仮想世界」からなります。
「意識」と「仮想世界」から心が構成されるわけです。
意識は、入力された自然言語を解析し、仮想世界を構築、または操作します。
仮想世界を操作するとは、

人は、頭の中で考えるとき、頭の中に思い描きながら考えます。
頭の中で思い描く場所が作業空間です。
作業空間には、現実世界にあるものや、想像したものなど、考えられることなら何でも配置することができ、意識で自由に操作できます。
詳しくは、「3次元空間を認識するってどういうこと?」の「作業空間」をご覧ください。

自然言語が入力されると、意識は、解析を始めます。
解析は、形態素解析構文解析の二段階で行われます。
英語では、単語はすべてスペースで区切られていますが、日本語は、たとえば「学校の給食」の場合だと、「学校」「の」「給食」の3つの単語がつながっています。
これを3つに分解するのが形態素解析です。

構文解析とは、一つの文を、「誰が」「いつ」「どこで」「何をした」と分類することです。
これが分かれば、その文の通りに仮想世界を構築、操作することができます。
そして、操作した結果、何らかの認知パターンに当てはまるか判断し、当てはまれば、それが、相手の言いたいことだと判断し、それに応じた返答をします。

「子供がプリンを得た」の場合、その子は、プリンが大好きなので、好きなものを得たので、「嬉しい」の認知パターンに該当すると判断できます。
そうして、相手が「嬉しい」の感情を発生したと分かったのだから、それに沿って「よかったね」と応えれば、相手は自分の気持ちを分かってくれたと満足するわけです。

仮想世界を構築、操作し、認知パターンを抽出する部分が意味解析となります。
これが、本システムにおける文の意味理解です。

構文解析の続きです。
文は、主語、述語、目的語などから構成されます。
構文解析では、形態素解析した単語を、これらに分類します。

文は、述語を中心に構成されます。
そこで、述語となる動詞に、その意味を記述します。
動詞の意味は、仮想世界を構築、または操作することです。

たとえば、「机があります」の意味は、仮想世界に「机」を出現させます。
「ある」の意味は、対象物を仮想世界に出現させることです。

「机の色は黒です」の意味は、仮想世界に出現させた机の色を黒に設定します。
「です」の意味は、対象物に色や形などの属性を設定することです。

これらの意味は、専用のスクリプト言語であるロボマイ語で記述されています。
構文解析された後、意識は、動詞の意味を読み取って、文の内容どおり仮想世界を操作します。

もし、話し相手が「があります」とだけ言ったとしたら、どう感じますか?
「えっ、何があるの?」となるでしょう。
つまり、「ある」の意味には、対象となる物が不可欠なのです。
対象物が不明の場合には、その文の意味を解釈できず、意識は、仮想世界を操作できないのです。

そこで、構文解析した後、仮想世界を操作可能な文かどうかチェックし、もし、操作不可能なら、おかしい部分をエラーとして投げます。
意識は、エラーを受け取ると、エラーの中身を確認し、必要に応じて、「何があるの?」などと、相手に質問します。
このようにして、問題のない文のみが次のステップに進むことができ、仮想世界を確実に操作することができるのです。

意味の分からない文は、相手に聞き直すといったことは、人間の会話では当たり前のことです。
通信プロトコルとして考えても、エラーを検出すると、再送信要求を送ることと同じです。

このようにして、話し相手の言いたいことを確認しながら、相手の頭の中にある仮想世界と同じ仮想世界を構築、操作することで、相手に生じたのと同じ感情を生成し、相手の言いたいことを理解することができるのです。

こうして、心が通い合うコミュニケーションが成立するのです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

コメントを残す