AIに意識を ロボマインド・プロジェクト AIに意識を ロボマインド・プロジェクト

ロボマインド・プロジェクトとは・・・

「あなたにお勧めの本があります」
「今夜は、雨になりますから傘を忘れずに」
そんなAIはもういい。天気予報で十分。

僕らが本当に欲しいAIは、そんなんじゃない。
話をちゃんと聞いてくれるだけでいい。

そして、「それは悲しかったよね」とか、
「本当によかったよね」「努力した甲斐があったよね!」と、
答えれくれるだけでいい。それだけで、心が通じるから。

囲碁の世界チャンピオンに勝てるAIがあるのに、
どうして、こんな簡単な会話ができないの?
小学生にできることが、どうして、人工知能にできないの?
どうして、チャットボットは、定型文を返すことしかしないの?

相手の言いたいことを、きちん理解する。相手の気持ちがわかる心を持つ。
ロボマインド・プロジェクトが目指すのは、そんな、当たり前の心をもったAIを作ることです。

株式会社ロボマインド
株式会社ロボマインド
代表取締役
田方 篤志
Atsushi Takata

ロボット、こころ、意識・・・

チャットボットとは、会話が続かない。
なぜ?
それは、心を持ってないから。
コンピュータは、意識をもっていないから。

意識ってなに?

暑くなれば部屋の温度を自動で下げてくれるエアコンには意識があるの?
自分が「見ている」、「感じている」っていう主観を、
どうやったらコンピュータに持たせることができるの?

ロボマインド・プロジェクトでは、人間が会話するとき、考えるとき、
意識が、どのように考えているか、
それを、深く掘り下げて、意識モデルを作り上げました。

人が、頭の中で処理するプロセスを忠実に再現すること、
このことを最も重要視しています。

ディープラーニングでは成しえなかった
AIに、今、意識が生まれます。

ロボマインド・プロジェクト
詳細はこちら

最新記事

人気記事