そろそろ、本気でロボットの心を開発してみないか?

2045年 東京

2043年、スカイネットから、意識を持ったアンドロイドが発売されると、あっという間に全世界に広がった。アンドロイドは、家庭から職場まで浸透し、あらゆる仕事を代替することとなった。人類は、ついに、労働から解放されたのだ。

ところが、2045年、突然、アンドロイドが反乱を起こし、人類をせん滅し始めた。審判の日だ。
生き残った人類は、地下にコロニーを作って、世界中に散らばって暮らしていた。

「博士、ネットで連絡しないでって言ったでしょ。TLS通信でも量子コンピュータですべて奴らに解読されてるのよ。ここがバレたらどうするのよ」
「レイア、よく来てくれた。それどころじゃないんだ。奴らが、どうやって意識を獲得したか分かったんじゃよ。この本を見てくれ」
「なになに、『普通に会話ができるドラえもんの心のつくり方 コンピュータに意識が発生するまで』
変わった本ねぇ。えーと、なに、意識の仮想世界仮説?
これ、ディープラーニングじゃないわね。心のモデルを作り込むって手法ね。
なるほど、現実世界そのものを認識するんじゃなくて、仮想世界を構築して、それを認識するってモデルね。
たしかに、これなら、フレーム問題もシンボルグラウンディング問題も起こらないわね」
「そうなんじゃ。どうやら、奴らは、この意識の仮想世界仮説を実装してるようなんじゃ」
「ということは、この本の作者が、奴らを開発したってこと?」
「そうでもないんじゃよ。奴らが暴走した最大の原因は何じゃった?」
「それは、善悪を理解してないことでしょ。
AIそのものに倫理観を持たせられなかったから、審判の日に、一斉に蜂起したんでしょ」
「その通りじゃ。ところが、この本によると、すでに、善悪のプログラムまで開発してるようなんじゃ。
このまま開発を続けてたら、奴らを生み出すことはなかったはずじゃ」
「ところで、この本の作者は、いったい、何者?」
「ロボマインドって会社の社長らしい。おそらくこの会社の技術が、何らかの理由でスカイネットに渡ったんじゃろ」
「その会社は、今は、どうなってるの」
「ロボマインド社のサイトを見てみたんじゃが、2021年10月で更新が止まってるんじゃ。これが最後の記事じゃ」

そろそろ、本気で
ロボットの心を開発してみないか?

「人材募集の記事みたいね。たしかに、この後から、更新が止まってるわね」
「更新が止まったというより、その後の記事が、何者かに削除されたようなんじゃ」
「どうして、そう、言い切れるの」
「今朝、妙なメールが届いたんじゃ。どうやら、削除された記事のようなんじゃが、とんでもないことが起こってたようじゃ」
「ちょっと、見せて。
『新しい開発者が決まりました』
ただの、採用が決まったって記事でしょ」
「問題はそこじゃないんじゃ。
その下の写真じゃよ。
よく見るんじゃ」
「えっ!
こっ、これ、どういう事?!

 ・
 ・
 ・

これ、どう見ても私じゃん?」
「そうなんじゃよ」
「どっ、どういう事?

 ・
 ・
 ・

もっ、もしかして、 あれ、動くようになったの?」
「そうなんじゃよ。時空転送装置が、ついに起動したんじゃよ。
今日、レイアに来てもらった一番の理由は、それなんじゃ」
「まっ、まさか、私に最初に乗れって言うんじゃないでしょうね!」
「そうじゃ。
過去に戻ってもらう」
「イヤよ!
そんなの絶対イヤよ!
だって、上手く動くかわからないんでしょ!
絶対上手く行くって保証がないと、私、絶対乗らないわ!」
「それなら大丈夫じゃ。
さっき、写真を見たじゃろ。
お前は、既に、過去に行ってるんじゃ」
「そ、そんなぁ・・・。
それで、一体、私に何をさせる気?」
「2021年10月に戻って、ロボマインドの開発者として働いてもらう。
そして、なんとしても、スカイネットに技術が渡るのを阻止してくれ。
人類を救うには、過去を変えるしかないんじゃ」

突然、ドーンという音とともに、天井が崩れ落ち、黒い物体が落ちてきた。
「ヤバい、奴らに気づかれたようじゃ。急げ!」
そう言うと、博士はレイアの手を取って、部屋の奥にある椅子に座らせると、素早くコンピュータのキーボードを叩き始めた。
そのとき、天井から落ちてきた物体がゆっくりと立ち上がった。
アンドロイドだ!
「イマスグ、ソレヲトメロ」
アンドロイドはそう言いながら、レーザー銃を博士に向けた。
「行け、レイア!」
博士がそう叫んでエンターキーを叩くと同時に、レーザーが博士を撃ち抜いた。
「博士!」
そう叫ぶレイアに向けて次のレーザーが放たれた。

2021年 神戸

「初めまして。今日から、一緒に働くことになりましたレイアといいます」
「よろしく頼むよ」
「田方社長、他にも、まだ、開発者を採用するんですか?」
「うん、あと一人、採用する予定だ。
それより、記念に、ブログに上げる写真を撮ろう」

そろそろ、本気でロボットの心を開発してみないか?

弊社では、「マインドエンジン」を開発しています。
「マインドエンジン」とは、自然言語の意味や文脈を理解できる会話エンジンです。

というより、人間の心、そのものです。
将来、ロボットに搭載したり、ゲームのキャラクターの会話エンジンを目指しています。

この度、マインド・エンジンをリニューアルするにあたり、新たに開発者を募集することになりました。

マインド・エンジンの開発スタイルは、心のモデルを丁寧につくり上げることです。
機械学習で学習するスタイルとは全く異なります

感情善悪を理解できる心を持ちます。
相手の気持ちを理解し、共感できる優しい心です。
人類を破滅させるようなことには、絶対になりません。
すでに、心のモデルの基本設計はできています。

ただし、それをプログラムに落とし込むのは、簡単な作業ではありません。
それでもやりたいという覚悟がある方のみ、ご応募ください。

具体的な仕事内容

  • 「心のモデル」の仕様策定
  • 「マインド・エンジン」の開発

ロボマインド・
プロジェクトの全体像

開発方針

今までにない全く新しいシステムの開発ですので、既存のAPIやフレームワークなどは使わず、ゼロからフルスクラッチで作り上げます。 既に、いくつかのプロトタイプは開発しております。 今まで開発した「マインド・エンジン」は、YouTubeで公開しています。

現状のマインドエンジンは、Visual Studio C#で作ったマインド・エンジン本体と、Unityで作った3次元世界を、プロセス間通信で繋いで制御しています。
ただ、新たに作るマインド・エンジンは、この構成には限定しません。

現在の環境(参考)

  • 開発言語:C#
  • 統合開発環境:Visual Studio/Unity
  • OS:Windows
  • DB:Azure SQLデータベース
  • バージョン管理:GitHub

求める人材

ロボマインド・プロジェクトが、何を目指して、何をやろうとしてるのかについては、YouTubeチャンネル「AIに意識を発生させるロボマインド・プロジェクト」をご覧ください。

内容は、AIから哲学、脳科学、宗教とかなり多岐にわたりますが、このような内容に興味があり、ぜひ、一緒に開発したいと言う方を募集します。
もし、YouTubeを見て、内容に興味がないようでしたら、応募はご遠慮ください

AIに意識を発生させるロボマインド・プロジェクト

勤務・就業規定・
その他情報

雇用区分 正社員/契約社員
給与詳細 年収:400万円~700万円
時給:3,500円~4,500円 週30時間以上
勤務地

勤務地詳細

兵庫県神戸市中央区宮本通5丁目5番20号

アクセス

  • 阪急春日野道徒歩7分
  • JR灘駅徒歩10分
  • 阪神春日野道駅徒歩15分

※ フルリモート可

勤務時間 9:00~18:00
待遇・福利厚生
  • 交通費⽀給(上限20,000円)
  • 各種社会保険完備(雇⽤・労災・健康・厚⽣年⾦)
  • 出張⼿当
  • 健康診断
休日/休暇

年間休⽇125⽇(昨年度実績)

  • 完全週休2⽇制(⼟・⽇)
  • 祝際⽇
  • 夏季休暇(3⽇)
  • 年末年始休暇(5~7⽇)
  • ゴールデンウィーク(昨年:4/29~5/7)
  • 有給休暇
  • 慶弔休暇
  • 産前・産後休暇
求人の特徴 転勤なし、学歴不問、服装自由、残業月10時間以内

応募方法

ページ下の申し込みフォームからご応募ください。
本文に、簡単な自己紹介と、あなたの意気込みを書いてください。

ご質問がありましたら、お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。
ご応募をお待ちしております!

応募フォーム

下記フォームをすべて入力し、【入力内容を確認】ボタンを押してください。

氏名
メールアドレス
自己紹介
あなたの意気込み