【マインド・エンジン】絶対不可能といわれていたコンピュータによる言葉の意味理解。ついに成功したので公開します。

【マインド・エンジン】絶対不可能といわれていたコンピュータによる言葉の意味理解。ついに成功したので公開します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ついに公開します。
開発中の自然言語の意味理解システム

マインド・エンジン

 

絶対不可能と言われてきた、自然言語の意味理解。

なぜ、言葉の意味理解は不可能なのか?

じゃぁ、最新の自然言語AIは、何をしてるのか?

マインド・エンジンは、本当に言葉の意味を理解してるといえるのか?

 

デモを交えて、詳しく解説しています。

まずは、ご覧ください。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

“【マインド・エンジン】絶対不可能といわれていたコンピュータによる言葉の意味理解。ついに成功したので公開します。” への2件のフィードバック

  1. アバター karat より:

    マインド・エンジン公開おめでとうございます。
    今までにないタイプの自然言語処理ですね。
    人間が頭の中で考えているようなわかりやすいイメージです。

    ところで、このマインド・エンジンには懸念があります。
    Cycプロジェクトの常識みたいに、どこまでも3Dモデルを作り続けてもきりがない状態に陥りませんか?

    世の中には3Dモデルでは表現できない概念はいくらでも存在しますよね?
    例えば会社とか哲学とか法律とか。
    それらの表現はどうするのでしょうか?

    よろしくお願いします。

    • 田方 篤志 田方 篤志 より:

      karat様

      応援、ありがとうございます。
      ようやく、公開できました。
      技術的には、それほど難しいことじゃないんですけど、形にするには、技術とは関係ない、いろんな要因が作用して、なかなか進まないものです。
      お金と人と時間ってことですけど^^;

      世の中には3Dモデルでは表現できない概念はいくらでも存在しますよね?
      例えば会社とか哲学とか法律とか。
      それらの表現はどうするのでしょうか?

      会社とか学校は、建物だけじゃなくて、組織としても意味がありますよね。
      この動画でも説明してましたけど、会社組織は、ピラミッド型のデータモデルで、「昇進」といったメソッドを持つって感じです。
      つまり、「組織」が一種の世界で、世界の構造と、その世界での動きをメソッドとして定義すれば、「〇〇課長が部長に昇進した」って言葉の意味を理解できるはずです。
      3次元以外の世界も、こうやって定義していくことになると思います。
      その他、第25回「言語を再定義」では、「所有権世界」というのを定義して、その中で、「もらう」とか「盗む」って言葉を定義しました。
      法律の世界も、一部に「所有権世界」を持っていると考えられるわけです。
      こうやって、あらゆる言葉を定義していけば、会話ができるようになると思ってます。
      ただし、膨大な言葉があるので、まず目指してるのは、小学1年生ぐらいの会話ができるものです。
      その段階になって、出来るものとできないものが見えてくると思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です