「ロボットの心」を作るってどういうこと?

「ロボットの心」を作るってどういうこと?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロボマインド・プロジェクトとは?」で、3つの物語を使って「ロボットの心」の説明をしました。
(「ロボマインド・プロジェクトとは?」をまだ読んでない方は、先にお読みください)

リュックサック、運搬ロボット、おしゃべりする運搬ロボット「ロジャー」。
この3つのうち、心を感じたもの。
それは、「ロジャー」だけです。

「ロジャー」だけが持つもの。
それが、ロボマインド・プロジェクトが目指す、「ロボットの心」なのです。

この「ロボットの心」について、もう少し考えていきましょう。
「ロジャー」だけが持つもの。
まず考えられるのは、会話です。

ロジャーは、メアリーと会話ができます。
最近、流行りのAIスピーカーも会話ができます。
「今、何時?」と聞けば、「10時です」と答えてくれます。
「明日の天気は?」と聞けば、「晴れです」と答えてくれます。
AIスピーカーができるのは、「質問-回答」型の会話です。

「何時ですか?」とか、「明日の天気は?」といった質問は、回答の内容は時刻または天気に絞られます。
回答範囲が絞られるので、「質問ー回答」型の会話はコンピュータプログラムで比較的簡単に実現できます。
IBMのワトソンは、アメリカのクイズ番組「ジョパディ!」で優勝しましたが、クイズは典型的な「質問ー回答」型の会話です。

でも、質問に答えれたからといって、相手に心があるとは思えませんよね。
それに、私たちが普段する日常会話は、「質問ー回答」型の会話ばかりではないですよね。

日常会話のほとんどは、雑談です。
雑談は、何か質問しているわけではないので、正解か決まっていません。
正解が決まっていないとはいえ、何を答えてもいいというわけではありません。
おかしな回答をすれば、自分の言いたいことが伝わっていないと感じます。
いくら言っても、言いたいことが伝わらないとわかると、相手に心がないと感じます。
どうも、雑談型の会話と心は関係があるようです。

それでは、雑談型の会話では、どう答えれば、正しい答えとなるのでしょう?
例として、山に登ったメアリーが「熊だ!」と叫んだときのロボットの返答を考えてみましょう。

ロボットAの場合
返答:「大きい熊ですねぇ」
間違いではないですが、そんなこと言ってる場合じゃないですよね。

ロボットBの場合
「熊」で検索し、
返答:「熊といえば、ヒグマなら体長2~3m、体重は250~500kgになります。」
これも間違いではないですが、「そんなことを聞いるんじゃねぇ!」となります。

 

ロジャーの場合、
「お嬢様、ここは私が引き受けますので、お嬢様はすぐに逃げてください!」
と叫びました。
これは正解です。
こんなロボットを見れば、「心がある」と思いますよね。

それでは、ロジャーの返答は、他のロボットと何が違うのでしょう。
ロジャーの返答には、心がこもっていて、感情に訴えかけるものがあります。

ここに「心」のヒントがあるようです。
どうも、「感情」が、何か重要なキーとなるようです。
この点を掘り下げて、雑談型の会話について、もう少し考えてみましょう。

普段、私たちが家に帰って家族に話をするとき、どんなことを話すでしょう?
「今日、学校でこんな楽しいことがあった」とか、「会社でこんな悔しい思いをした」といった話ですよね。
それでは、こういった話は、何のためにするのでしょう?

それは、家族にも、自分の楽しい思い、自分の悔しい思いをわかってもらいたい、そういうことですよね。
自分が感じた「感情」を共有してほしい、これが日常会話の目的といえそうです。
ということは、相手の感じた「感情」を汲み取った返答をすれば、意味が通じた会話が成立しそうです。

「今日、こんな楽しいことがあった」と言われれば、「それはよかったね」と答えれば、意味が通じた会話となります。
「今日、こんな悔しいことがあった」と言われれば、「それは悔しいね」と答えるだけで、相手は、自分の言いたいことを分かってもらえたと感じます。

「熊だ!」と叫んだメアリーの感情とは、「誰か助けて!」ということです。
それに対して、「お嬢様、ここは私が引き受けますので、お嬢様はすぐに逃げてください!」
と叫んで熊に突進するロジャー!
まさに、メアリーの感情を理解して行動していますよね。

 

会話で、相手の言いたいこととは、相手の感じている「感情」です。
感情を抽出して、その感情に沿った返答をする。
これが、雑談型の会話の正しい答えとなります。

 

「〇〇さんの病気は治るだろうか」と心配したり、
「〇〇君は、入学試験に合格するだろうか」と不安になったり、
「〇〇さんのおかげで助かったわ。ありがとう」と感謝したり。

ロボットと、こんな会話が交わせれば、心があるロボットと思えるでしょう。
心があるロボットに必要なのは、「感情」です。
それでは、つぎは、「感情」をどのようにプログラムで扱うかについて詳しく説明していきます。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です