「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」批評の感想をいただきました

「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」批評の感想をいただきました

2018.05.03
このエントリーをはてなブックマークに追加

僕は、このブログでAI技術以外のことは書かないことにしていますが、「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」批評2では、つい、教育に関して書いてしまいました。
新井紀子教授の主張が、あまりにも一方的で、人間のほんの一面しか捉えていないからです。
すると、ある小学校の校長先生から、感想をいただきました。

本人の許可をいただきましたので、その内容を載せさせていただきます。

 

新井紀子「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」についての批評を拝読しました。
新井先生の御本が教育界に与えたインパクトは相当大きなものだと感じています。
特にアクティブラーニングを推奨していた方々の反論があっても良さそうなものですが、それがないのが気がかりでした。
しかし、それ以上に気がかりなのが、読解力の定義です。RSTに示された6つのテストパターンのみで偏差値として基礎読解力が評価されていいのかという問題です。
新井さんが今後「高校基礎力」テスト等にも関与されると聞いていますので余計に心配です。
そんな中で出会ったのが田方様のブログでした。ThinkDifferentのお話は身にしみました。
私は小さな小学校の校長をしておりますが、今年度の経営方針に「子供たちの創造性を高めるために、基礎的な学力保障をする。」を示しました。
これからの社会を生き抜くためには子供たちに創造性を培ってほしいと考えているからです。言い換えるなら「気付きと発見」を自らできる子にということです。
田方様のブログを拝読して、今何をすべきかが一層明確になった気がします。今後ともブログを拝読させてください。
感謝の気持ちを伝えたく突然メールしましたことをお許しください。

 

教育界にいる方からの生の感想をいただいて嬉しく、ブログでは、言い足りなかったこともありましたので、そのことを返信に書きました。
その返信も載せておきます。

 

感想、ありがとうございます。
僕は、学校教育にはずっとなじめずにいた側なので、新井紀子教授が推し進めようとする基礎読解力の話を読んだ時も、「また同じことを繰り返してる」と思うだけで、無視するつもりでした。

そのとき、たまたま読んだのが、Appleの「Think Different」キャンペーンの話でした。
僕と同じように学校教育になじめない子どもたちに思いをはせ、
「学校が教えることだけが全てじゃない」
「本当の世界は、もっともっと面白いんだよ」
そんなことを伝えないといけないと思い、あの記事を書きました。
なので、小学校の校長先生に伝わったのは、僕としても嬉しい限りです。

せっかくなので、もう少し、僕の感じているところを説明させてください。

「自分が何をやりたいのか、何をやるために生まれてきたのか」
そんなことを真剣に考えた時期がありました。
20代の終わり頃のことです。

その時思ったのが、子供のころ、とくに小学校の低学年までに感じていた感覚って重要だなぁということです。

人は成長するにつれて、好きなことが変わります。
音楽を聴くようになったり、映画を見たり、本を読んだり。
僕も、中学、高校時代はロックや小説に感化されましたし、大学時代は、哲学や現代思想にかぶれたりしました。
でもそれは、周りの影響だったり、他人の目や、異性を意識してたんですね。

そんな外野のことなど全く関係なく、「やりたいからやる」
ただそれだけの動機でやっていたのは、小学校低学年ぐらいまでだと思います。

僕には一つの原風景があります。

子どもの頃、一番の得意は工作でした。
工作だけは、誰にも負けない自信がありました。

どこかの催しで、子供向けの工作教室がありました。
たしか、小学1年ぐらいのときだったと思います。
そこで、割りばしを使ったゴム鉄砲を作りました。

僕は、何度も作ったことがあったので、こんなの簡単だと作り始めました。
そのとき、隣の1年か2年、学年が上のグループの話が聞こえました。
「何を作ってるの?」
「5連射できるゴム鉄砲や!」

「5連射なんて、年上のお兄ちゃんでも、そんなの作れるわけがない」
僕は、そう思って聞き流していました。
ところが、しばらくすると、隣のグループから歓声が上がりました。
「すごーい!」
「どうやって作ったの?」

僕も身を乗り出して見てみると、ゴム鉄砲を横につなげて、5連射できるゴム鉄砲が見事に完成していました。


「スゲー!」
「超、カッコイイ!」
僕の完敗です。

僕は、その5連射のゴム鉄砲に見とれながら、
「僕も、あのお兄ちゃんみたいになりたい!」
「みんながびっくりするような、超かっこいいもの作りたい!」
そう強く感じていました。

これが僕の原風景です。

なぜか、この時のことを、時々思い出します。
たぶん、僕の根っこにつながる記憶なんだと思います。

自分が、生き生きとしていたときのことを思い出すと、常に、何かかっこいいもの、面白いものを作ったり、作ろうとしていたときです。
こんなのできたらすごいぞって思いながら何か作っている時、その時が、一番ワクワクしています。

そして今は、「ロボットの心を作ろう!」と、ワクワクしながら毎日、開発を続けています。
すごいのを作って、みんなを驚かしてやろうと。

5連射のゴム鉄砲のような記憶は誰にでもあると思います。
自分だけのヒーロー、ヒロインに出会ったときのこと。

それは、絵の上手なお姉さんだったり、ギターをかっこよく弾くお兄さんだったりするかもしれません。
そんな自分だけのヒーロー、ヒロイン。

そういったことを思い出し、それと繋がる。
そういうことこそ、教育にとって一番大切じゃないかと思っています。

勉強だとか、読解力も重要です。
でも、それだけを取り出して教えるとか、AIに仕事を奪われないために読解力をつけるとか、それは、ちょっと違うんじゃないかなと。

ヒーロー、ヒロインになるためには、本を読んだり、勉強もしないといけない。
重要なのは、この順番です。自分の根っこにつながった教育。
一番重要なことを飛ばして、読解力だけを身につけさせても、個性のない人間を大量生産するだけです。

これじゃ、AIに仕事を奪われないための教育というより、AIのような人間を作る教育ですね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

“「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」批評の感想をいただきました” への2件のフィードバック

  1. 松田欣也 より:

    入試問題の結果を基準に能力を判断することこそ、AI化的発想ではないでしょうか?
    入試の結果は、土台にあるあらゆる能力の位置断片に過ぎないことを自覚しておく必要があります。フランスのバカロレアでは、哲学の命題を文系理系を問わず、数時間かけて解きます。つまり、AI的思考の上位の能力を試していると言えます。
    勉学というプロセスは、今のような入試という結果だけではでは測りきれません。

    • 田方 篤志 田方 篤志 より:

      コメント、ありがとうございます。

      入試問題の結果を基準に能力を判断することこそ、AI化的発想ではないでしょうか?

      本当に、そう思います。
      言葉の意味理解すらできないAIに、入試問題だけは解けるロボットを作って、大学に合格させたとしても、大学の授業が理解できるどころか、普通の日常会話もできないので、何の役にも立たないことは最初からわかっていたことでした。
      このような意味不明なプロジェクトから無理やり作り出された成果が、「教科書さえ読めればAIに仕事を奪われない」という理屈でした。
      プロジェクトの目的から成果まで、一貫した哲学など何もなく、行き当たりばったりで進んでいます。
      こんなものに振り回される日本の教育には、ちょっと辟易しますね。

コメントを残す