ついに、ロボマインド・プロジェクト始動!

ついに、ロボマインド・プロジェクト始動!

このエントリーをはてなブックマークに追加

いままで、意識や心について、さんざん、ブログで書いてきました。
こうすれば、ロボットに心が生まれるとか、
こうすれば、コンピュータに意識が発生するとか。

そんな理屈は、もういいから、さっさと、AIに意識を発生させろ!
って声がそろそろ聞こえてきそうです。

そうですよね。
ロボマインド・プロジェクトは、理論を提唱することが目的じゃありません。
そんな立派なことは、哲学者にでもまかせましょう。

ロボマインド・プロジェクトの目的は、実際に動くプログラムを作ることです。
コンピュータに、実際に意識を発生させることです。

 

そして、ついに、ロボマインド・プロジェクトが始動します。

 

といっても、いきなり、意識が発生するわけではありません。

まずは、簡単な動くプログラムを公開します。
ブラウザ上で、実際に動くプログラムです。
誰でも、自分で動かして体感できます。

そして、それを徐々に改良していきます。
少しずつ、心を組み立てていくわけです。

やがて、どこかの時点で、「心」が生まれます。
それを見届けるのは、あなたです!

「心」があるかどうか、どうやって判断すればいいのでしょう?
何か、特殊なセンサーを使えば、心があるかどうかわかるのでしょうか?

そんなものはありません。
「心」があるかどうか判断できるのは、「心」を持つものだけです。

つまり、我々人間にしか判断できません。
このことを、僕は、「心のエコシステム」と呼んでいます。
詳しくは、「チューリングテスト」に書きましたので、そちらを参考にしてください。

 

人間は、心に思っていることを言葉にして伝えます。
聞き手は、言葉の内容から、相手が心で思っていることを理解します。

プログラムは、文をランダムに生成します。
文は、単語から生成します。
単語とは、「リンゴ」や「象」といった名詞、「歩く」「食べる」といった動詞、「が」「に」「を」といった助詞、「れる」「られる」といった助動詞のことです。
これらの単語で1から組み立てて文を生成します。
用意された文を出力するといった、IBMのワトソンや、ソフトバンクのペッパーのようなことはしません。
これは、自然言語処理の50年の歴史の中で初めての試みです。
詳しくは、「自然言語処理への提言1 『メニューメーカー』で僕がやろうとしていること
自然言語処理への提言2 なぜ、自然言語処理は50年も進歩がないのか」をご覧ください。

単語を特定のルールに従ってランダムに組み立てることで文を生成します。
最初のうちは、何が言いたいのかわからない文しか出力されません。

それを、ルールを付け加えることで、少しずつ改良します。
意味をなさなかった文が、少しずつ、意味の通る文になっていきます。

やがて、文と文が繋がってきます。
何か言いたいことが見えてきます。

そして、どこかの時点で、心が生まれます。
その瞬間を、体験してください!

開発しながら公開していきますので、不定期の更新となりますが、おそらく、世界で初めて、コンピュータにが生まれる瞬間に立ち会えると思います。

次回は、まずは、最低限の「文」を出力してみます。

お楽しみに!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

コメントを残す