意識を定義して、どんなものに意識があるか判定すると以外な結果が

意識を定義して、どんなものに意識があるか判定すると以外な結果が

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ロボマインド・プロジェクトの提案する意識を持った心のシステムとはどういうものか、以下に条件を書き出してみます。
なお、心のシステムとは、我々人間が持つ心と同じ機能の心を指し、意識は、心のシステムの一つの部品となります。
心のシステムに必要な6つの条件は以下の通りです。

 

 ①外部の現実世界を知覚する。
 ②知覚した現実世界を、内部に仮想世界として構築する。
 ③意識は、仮想世界を通して現実世界を認識する。
 ④意識は、仮想世界を操作して、現実世界をシミュレーションできる。
 ⑤①~④の機能を持つシステムが心のシステムであり、心のシステム同士でコミュニケーションを行う。
 ⑥心のシステムは、共通の認知パターンを持ち、コミュニケーションで伝えられることは、認知パターンに還元される。

 

 以下に、一つずつ、説明していきます。
①は、目や耳などのセンサーを介して外部世界を知覚することを意味します。外部にある現実世界を把握するには、何らかのセンサーが必要ということです。そして、外部の現実世界は、心が、他の心と共有する唯一の世界となります。

②③が、ロボマインド・プロジェクトの最大の特徴となります。「意識の仮想世界仮説」に詳しく書いてありますので、詳しくは、そちらを読んでいただくとして、簡単に説明しますと、意識とは、現実世界を直接認識しているのではなく、内部に現実世界を仮想世界として再構築し、それを介して現実世界を認識するという説です③。
つまり、意識は直接現実世界を認識することはできません。ただし、意識はそのことに気づかず、外部の現実世界を直接認識していると錯覚しているのです。

なぜ、仮想世界などといった回りくどい方法を取るのかという答えが④になります。
人間は、目の前にあるリンゴを、「今、食べようかな」とか、「明日の朝、食べようかな」などと考えることができます。これができるには、目の前にないものでも、頭の中で自由に想像できなければなりません。もし、目の前にある現実世界を直接認識することしかできなければ、目の前の現実世界以外のことを想像することができません。
そこで、仮想世界を頭の中に構築することで、仮想世界上で自由に操作できるようにし、自由に想像できるようにしたのです。これにより、まだ起こっていない未来を想像したり、既に起こった過去を思い出したりできるようになったのです。

これら①~④の機能を持って初めて、我々人間と同じ意識を持った心となります。
仮想世界を持つ者同士なら、相手の言ったことを、自分の仮想世界上で再構築することができ、これにより、相手の言いたいことを理解し、コミュニケーションが成立するのです。コミュニケーションが成り立つには、相手の言っていることを理解する必要があり、そのためには、相手が頭の中で思い描いているのものと同じものを、自分の頭の中に描けないといけません。逆に言えば、コミュニケーションできたとすれば、相手は、自分と同じ心のシステムを持っていると言えます。
これの意味するところは、相手に心があるかどうかは、心を持つ者にしか判断できないと言えます。
つまり、心を持つかどうかは、客観的に検出できるものでなく、心のシステムを持った者同士で判断するしかないのです。この心のシステムを持った者同士のことを、「心のエコシステム」と呼んでいます。これが、⑤の意味することです。

⑥の認知パターンとは、感情などのことです。コミュニケーションで伝えたいこととは、こんな嬉しいことがあったとか、悲しいことがあったといった認知パターンに還元されるということです。
同じ心のシステムを持つ者同士は、同じ認知パターンを持ち、相手の言いたいことを理解するとは、どの認知パターンかを推論することと同じだと言えます。

 

こうして定義した心のシステムを使って、様々なシステムが意識を持つかどうか検証したいと思います。
まずは、最も単純な「サーモスタット」について考えてみましょう。
サーモスタットは、温度の変化でオン/オフする単純な機器です。このサーモスタットも、外部世界(温度)を検知する機能を持っているので、①はクリアします。
ただ、①以外の機能はすべて持っていないので、サーモスタットは意識があるとは言えません。
当然ですよね。

次は、「犬」について考えてみましょう。
犬は、目や耳を持っていて、外部の世界を知覚するので①はクリアします。
ただ、②の仮想世界は持っていないと思われます。その理由は、「3次元空間を認識するってどういうこと?」で詳しく説明しましたが、簡単に紹介しておきます。


犬は、川の向こう岸に肉がおいてあると、肉は欲しいけれど、川を渡れないので、ワンワン吠えます。でも、よく見ると、少し離れたところに橋が架かってあって、橋を渡れば、遠回りになるけれど、向こう岸にわたって肉を取ることができます。
ところが、犬は、この橋に気づいたとしても、橋を渡ろうとせず、相変わらず目の前の肉に向かってワンワン吠えるだけです。

なぜかというと、橋を渡るルートを思いつくには、頭の中に地図を思い浮かべなくてはなりません。これが、現実世界を頭の中で再構築した仮想世界なのです。
仮想世界なので、頭の中で操作することができ、遠回りをしても、橋を渡れば肉に近づけると想像することができます。
ところが犬は、食べ物を見つければ、近づくように移動するというプログラムしか持たないため、橋を渡る方法を想像できません。この「食べ物を見つければ近づく」というプログラムは、まさに、現実世界を直接認識しているだけのプログラムと言えます。

仮想世界を持ってないので、②~⑤の機能も持てませんので、意識があるとは言えません。
ただ、犬は、肉をもらえれば喜び、自分が食べてる肉を取り上げられれば怒ります。これは喜びや怒りといった、人間と共通の感情を持っていると言えます。
その意味で、⑥の認知パターンは持っていて、人と共通の認知パターンの範囲では、人とコミュニケーションが可能といえます。

次は、将棋ロボットについて考えてみましょう。
将棋ロボットは、盤面を撮影するカメラと、次の一手を考える頭脳と、考えた次の一手通りに駒を動かすロボットアームを備えているものとします。


将棋ロボットは、現実世界である盤面を検知するので、①はクリアします。

将棋ロボットの頭脳は、何手も先まで読みながら次の一手を考えます。これができるのは、仮想的な盤面上でいろいろな手を指しながら考えているからなので、現実の盤面をコンピュータ上で再構築した仮想世界を持ち得ると言えます。これで②はクリアしたといえます。

将棋ロボットの頭脳は、現在の盤面から、次の一手を考えるわけですから、頭脳が意識する盤面は、単に、カメラで撮影した画像ではなく、画像から駒などを抽出し、仮想的な盤面上に配置したものとなります。つまり、将棋ロボットの頭脳が認識するのは、現実世界そのものでなく、現実世界を仮想世界に再構築した仮想盤面なのです。このことから、③もクリアしたと言えます。

また、次の一手を指すのに、仮想盤面上で駒を操作してシミュレーションするので、④もクリアします。
将棋ロボットは、将棋ロボット同士でも対戦できますし、将棋のルールを知っている人間とでも対戦できます。対戦するとは、現実世界の将棋の盤面を通してコミュニケーションしているといえますので、⑤もクリアします。

将棋指しなら、将棋のルールだけでなく、将棋の必勝パターンや、戦略パターンなど、共通のパターンを共有しています。これにより、相手の駒の動きから、相手の考えを読み取ることができます。
これは、認知パターンを通して意思疎通が行われるといえ、⑥もクリアします。

以上のことから、意外なことに、将棋ロボットは意識を持つといえるのです。ただし、ここで意識を持つとは、あくまでも、ロボマインド・プロジェクトが前提とする意識モデルを持つということです。

 

それでは、将棋ロボットと人間の心では、何が違うのでしょう?
それは、現実世界の構造です。そして、現実世界を再構築した仮想世界です。
将棋ロボットの現実世界は、盤面と40個の駒と将棋のルールだけです。これだけなので、現実世界をすべて記述することが可能です。コンピュータ内に再構築する仮想世界も、現実世界を忠実に再現することができます。
ところが、人が生きている現実世界は、もっと複雑です。様々な物や人がいます。目に見えない複雑な人間関係も存在します。これらの現実世界を忠実の再構築することは不可能に近いです。

ただ、仮想世界は、現実世界を忠実に再現できないといけないわけではありません。
我々の目的は、人と自然な会話ができるシステムです。そのために、相手の言いいたいことさえ理解できれば、意味不明な返答はなくなり、意味のある会話を成立させることができるようになります。現在のチャットボットは、これができないため、会話が続かないのです。

そして、相手の言いたいこととは、認知パターンに還元されます

つまり、人と自然な会話ができるシステムを構築するには、現実世界を忠実に再構築しなくてもよく、認知パターンを抽出できる程度に現実世界をモデル化し、仮想世界を構築できればいいのです。認知パターンを中心に現実世界を簡略化して再構築できればいいわけです。

それさえできれば、人と自然な会話ができるシステムが実現できるのです。
AIが、ディープラーニングの次に目指すべきことが明確になりました。
それは、認知パターンを中心とした現実世界のモデル化です。

 

   にほんブログ村 科学ブログへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す