時間は現実には存在しない。時間は幻想。

時間は現実には存在しない。時間は幻想。

存在するのは「今」だけ。過去も未来も人間の心が作り出した幻想。

このエントリーをはてなブックマークに追加

記憶の次は、時間について考えていきましょう。

時間は、エピソード記憶から生まれます。
エピソード記憶とは、過去の出来事の場面や状況の記憶です。
エピソード記憶に関しては、前回の「記憶って何?思い出ってどういうこと?」をご覧ください。
たとえば、目の前にリンゴがあったとします。
熟しすぎて、やわらかくなって、一部黒ずんでいて、腐りかけています。
そのリンゴの一週間前を思い出してみます。
赤々として、ほどよい硬さで、みずみずしいです。

この二つのリンゴを比べてみます。
一つは、今、目の前にあるリンゴで、もう一つは、一週間前のリンゴです。
どちらも同じリンゴです。
そして、変化したリンゴの間にあるものに思いをはせます。
それが時間です。
同じリンゴを見て、時間の経過を感じるのです。

もう少し詳しく考えてみましょう。
一つのリンゴを、机の端から端まで移動させたとします。
その場合、3次元空間で位置が変化したわけです。
位置の移動は、3次元空間の空間座標軸上での移動でシミュレートできます。
同様に、時間の移動は、時間軸というものを設定すれば、時間軸上の移動としてシミュレートできます。
つまり、1週間前のリンゴと今のリンゴを比較するとき、時間軸を設定して比較することになります。

頭の中に3次元仮想世界を作ることで、3次元世界を理解できるのと同様に、時間軸というものを作ることで、時間というものが理解できるようになるのです。
過去の出来事と現在を比較することで、過去から現在に続く時間の流れを感じることができます。
時間軸を使えば、現在の延長線上に未来という概念を想像することもできるようになります。
こうやって、時間という新しい概念が生まれたのです。

つまり、時間というのは、時間軸を導入して作り上げられた仮想的な概念なのです。
もっと言えば、時間というのは、現実世界に存在するのでなく、人間の頭の中にのみ存在する幻想なのです。

「大きさ」や「重さ」といった概念の場合、目で見たり、手で持って感じたりできます。
知覚によって直接感じることができる概念です。
ところが、「時間」は、直接感じる知覚器官は存在しません。
「時間は、人間の頭の中にのみ存在する」とは、こういうことなのです。

 

現実の世界に存在するのは、あくまでも、「」という瞬間のみです。
この「今」と、記憶の中の過去、または、まだ来ぬ未来との間を貫く仮想的な概念が時間なのです。
これは、意識を持った人間のみが持ちうるもので、動物は、人間と同じような時間の感覚を持っていません。

今日は、獲物を一匹もとれなかったなぁと過去を振り返ったり、明日は獲物がとれるだろうかと未来のことを案じたりすることは動物にはできないのです。
あるのは、今、目の前の状況に応じた行動パターンを取るだけなのです。
永遠に今を生きているだけといえます。

そもそも意識って何?」で説明したように、カエルは、目の前でチョコチョコ動くものがあれば、虫と認識して捕まえます。
今、目の前の状況に反応するだけです。
これが、永遠の今を生きているという意味です。

動物には人間と同じような時間感覚がないといいましたが、これは記憶できないということではありません。
動物も学習することはできます。

たとえば、ここに犬がいるとします。
おじさんは犬にエサをあげて、少年は犬に石を投げつけたとします。
すると、犬が次におじさんを見かけた場合は、エサをもらえると思っておじさんに近づいていき、少年を見かけた場合は、石を投げられると思って少年から逃げます。

これは、犬が過去の経験から学習していることを示しています。
ただ、犬は人間のような意識を持たず、場面で覚えるといったエピソード記憶ができません。
犬は、入力と出力が直結した行動パターンを持っているだけで、学習できるのは、行動パターンだけです。

 

 

おじさんに対して、近づくという行動パターンが生成され、少年に対しては、逃げるという行動パターンが生成されただけです。

もし、次におじさんに会ったとき、今度は石を投げつけられたら、おじさんに対する行動パターンを変えるだけです。
できるのは、行動パターンの変更だけです。

「おじさんは変わってしまったなぁ。何があったんだろう。」などとは考えません。
「変わったなぁ」と考えるには、まずは、エサをくれるおじさんの場面を記憶できていないといけません。
これは、エピソード記憶を持たない犬には無理です。

また、現在の状況と比較するには、作業空間が必要です。
「作業空間」とは、頭の中に構築したオブジェクトを一時的に操作する空間です。
詳しくは、「3次元空間を認識するってどういうこと?」を参考にしてください。

作業空間に、現在のオブジェクトと、過去のオブジェクトを配置して、はじめて、その二つを比較できます。
「比較」するには、「オブジェクト」や「作業空間」といった仕組みをもっていないといけません。
さらに、過去と現在との比較なので、「時間」の概念も持っていなければいけません。

このように、時間の流れを感じるには、意識、オブジェクト、作業空間、時間軸をもった心のモデルが必要なのです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

コメントを残す